内科、糖尿病内科、リウマチ科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科



トップページ当医院のご案内糖尿病について膠原病についてコラムリンク










 現在、日本では糖尿病の方が890万人、糖尿病境界型と呼ばれる糖尿病予備群の方が1320万人いると推測されています(厚生労働省報告)。 また別の調査によると、40歳以上の10人に1人は糖尿病、2人は糖尿病境界型という報告もあります。 この糖尿病の増加の背景には、私たちのライフスタイル(生活習慣)の変化が関係しているといわれています。 糖尿病の予防と早期発見には、どんなことに気をつければいいのでしょうか。 また、糖尿病が疑われた場合はどうすればいいのでしょう。









 私たちの体は主にブドウ糖をエネルギーにしています。 私たちが食べた糖質(米、パンなど)は胃・小腸で消化・吸収され、ブドウ糖となって血液の中へ入ります。 ブドウ糖は血液の流れにのって運ばれ、細胞の中へ入り栄養となりま す。 ブドウ糖が細胞の中へ入る際には、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが重要な役割を果たしています。 糖尿病はこのインスリンの働きが低下するため、ブドウ糖が細胞の中に入れず、血液中に停滞する(高血糖)ことにより種々の弊害を起こす病気なのです。





の2つがあげられます。 インスリンの分泌能力は遺伝的な要素が大きく、一方インスリン感受性は肥満、食べ過ぎ、運動不足などにより悪化します。 このように遺伝的体質に加え、環境的な要因が関係して糖尿病は発症しますが、このような糖尿病を2型糖尿病といい、わが国では糖尿病の95%以上を占めています。 運動不足・食生活の欧米化が糖尿病を増加させていると考えられますが、欧米人と比べて日本人はインスリンの分泌能力が低く、このことも日本で糖尿病が増加している一因と考えられます。
 同じ糖尿病でも主に小児に発症する1型糖尿病は、発症に生活習慣の乱れは全く関係ありません。 ウイルス感染や免疫反応により、インスリンを分泌する膵β細胞が破壊され、インスリンを分泌できない状態となるため、治療にはインスリン注射が必要となります。









 糖尿病のこわさは合併症にあります。 口渇・多尿・体重減少などの症状は血糖値がかなり高くならないと現れません。 症状が現れない程度の高血糖が続くことにより糖尿病特有の合併症が起きてくるのです。 神経の障害として足の知覚低下・しびれや立ちくらみ、勃起障害、目では白内障、網膜症が出現します。 特に網膜症が悪化すると失明することがあります。 腎臓にも障害をきたし、人工透析が必要となる場合もあります。 糖尿病特有の合併症ではありませんが、狭心症・心筋梗塞、脳梗塞などの動脈硬化に関係する病気も糖尿病のない方に比べ2〜3倍多くみられます。 また足の血管の閉塞(壊疽)のために足の切断を余儀なくされる場合もあります。 もし適切な治療が行われなければ、糖尿病は種々の合併症をきたし、日々の生活に障害をあたえ、生命を脅かす病気なのです。









 健診などで血糖を測ってみることが早期診断には欠かせません。 尿糖検査だけでは不十分で、最近はヘモグロビンA1cの測定も行われてきています。 健診では食事をとった後に検査することがありますが、この場合血糖値が200mg/dl以上あれば糖尿病と診断されます。 140mg/dl以上の方は空腹時での再検査が必要です。 空腹時血糖値の正常値は110mg/dl未満で、126mg/dl以上は糖尿病と診断されます。 110〜126mg/dl未満の場合は経口ブドウ糖負荷試験を行い、負荷後2時間の血糖値により糖尿病型、境界型の診断を行います。









 境界型は「糖尿病の気」などと安易に説明されている場合がありますが、将来糖尿病へ移行する糖尿病予備群です。 とくにブドウ糖負荷試験の2時間の血糖値が200mg/dlに近づく程その可能性は高まります。 また、すでに肥満であったり、高脂血症、高血圧、高尿酸血症などの病気を持っていることが多く、動脈硬化に関係する心臓疾患(狭心症、心筋梗塞)を糖尿病と同じ位の頻度でおこしますので、境界型を指摘された時点で対策を講じなければなりません。









 合併症が進行すると現時点でなかなか有効な治療法はありません。 事実、年間3,000人の方が網膜症により失明し、年間12,000人の方が人工透析を新たに受けています。



 1)糖尿病を予防する 2)糖尿病を早期に発見する 3)糖尿病と診断されたら、血糖値をできるだけ正常に近づけ、その状態を保つことです。 もし合併症が起きても早期に発見すれば対策がたてられます。最近の血糖コントロールと合併症に関する調査では、血糖値を良好に保つことが合併症を予防し、早期であれば進行を抑えられることを証明してます。 また血糖値のコントロールとともに、 4)血圧のコントロールも大切なことが、わかってきました。 さらに動脈硬化に関係する病気の中でとくに狭心症・心筋梗塞については、血糖と血圧のコントロールとともに、 5)血液中のコレステロールのコントロ−ルの重要性も、明らかになっています。

 血糖値を良好に保つためには、まずこの病気をよく理解することが大切です。 糖尿病を知り、食事療法や運動療法の必要性を理解し、初めてこれらの治療の継続が可能となるのです。 また治療効果を確認するために、たとえ薬を使っていなくても定期的な受診と検査が重要です。

 血糖コントロールの指標として、血糖値に加え、ヘモグロビンA1cと呼ばれる検査が有用です。 ヘモグロビンA1cは検査日より過去1〜2ヶ月間の血糖の平均をあらわす検査で、正常は6,2%(NGSP値)未満です。糖尿病の方では合併症を予防あるいは悪化させないために、治療法の種類を問わず6,9%(NGSP値)以下に保つことが必要です。









とくに注意したい方を表にまとめました。

1)空腹時血糖やヘモグロビンA1cが高い方
2)40歳以上で糖尿病の家族歴がある方、現在または過去に肥満(標準体重+20%以上)のある方
3)高血圧・高脂血症・高尿酸血症・脂肪肝のある方
4)過去に糖尿病境界型であった方
5)妊娠糖尿病の既往または4kg以上の児を出産したことのある方

などは、年1回の精密検査が必要です。

 また、日頃から食事は腹八分目で栄養バランスを考え、標準体重(身長(m)x身長(m)x22)を維持することが大切です。アルコールは嗜む程度に、1日8,000歩以上歩くことを心がけましょう。









・満腹するほど食べない(腹八分目)
・よく噛んで、ゆっくり食べる
・1日3回決まった時間に食べる
・どか食い、まとめ食いをしない
・寝る前に食べない
・ながら食いをしない
・間食をしない
・食後に甘いものは食べない



Copyright (C)ninomiyamedicalclinic. All Rights Reserved.